1. TOP
  2. アウェイクニング®︎コンダクター
  3. やりたいことに蓋をしていませんか?

やりたいことに蓋をしていませんか?

こんにちは。
ママが、ありの「まま」に、
自分を楽しんで生きるスタイル実践中♪
アウェイクニング®コンダクターで
双子のWワークなワーママの原山ともか です。


突然ですが……

我が家には、
未就学児な小さな子がいるから、
あれはできなな…
これもできないな…


そんな風に思っていませんか?

未就学児がいるから夜のお出かけなんて無理!?

私は、2年前まで、子どもがいるから…しかも未就学の小さな子がいるから…
「できないな」と思うことだらけでした。

特に私にとってハードルが高かったのは、

夜に出かけること!
特に夜のコンサートや舞台に行く!

もうそれこそ高い高い壁となっていました。


妊娠してから、
産休・育休状態だった趣味のひとつを、
解禁したのは2年前のことです。

今年も行く予定がありました。

ですが、行く予定だったコンサートは、
中止となって楽しむことは叶いませんでした。

でも、「行っていい」と思える私でいられることには、
すっごい感謝があるんです。

楽しみのコンサートもハードルが高かった

私は、ある方のファン歴20年以上で、
その方の個人的な舞台のお仕事や、
その方が所属するグループのコンサートには、
ずっと行っていました。

結婚前は、
日帰りで飛行機に乗ってにコンサート見に行っちゃうような……
同じコンサートや舞台を何回も見に行っちゃうような……
そんな生活をしていました。

よく行っていたコンサート会場や劇場なんて、
座席の番号を見ただけで、
だいたい場所がわかるぐらい、
よく行っていました(笑)

ただ、妊娠した後は、妊娠初期の観劇を最後に、
「産休・育休」ということで、コンサートや舞台はお休みに。

そして、出産して、復職して。
子どもが1歳になったら復帰しようと、なんとなく思っていた、
そのコンサートや観劇の楽しみ……
実際に子どもが1歳になってからも、
なんだか、ハードルは高くて。

コンサート・部隊だけは「行く」と決断できませんでした…。


行きたいのに、行けない。

…って思いこんでいたんです。




夜間のコンサートや舞台を見に行くこと、

これが、私には相当にハードルの高いことでした。

コンサートに行くには、
夜に家をあけなければならず、
夜の寝かしつけを私以外が
ほぼしたことがない我が家。

夫にも、助っ人に来てくれる実母にも、
「無理」って言われるかなと思っていたんですね。

どうしても行きたいコンサートがあって行動を起こす!

でも。
子どもたちが2歳になる年。
我が家からすっごく行きやすい場所で、
コンサートをする!と発表があったのです。

えぇ!?

すぐそこに来ているなら見に行きたい!!
もう、どうしてもどうしても行きたくて。
見に行きたいじゃない……行く!!!!!


その時は迷うことなんてなくて。
夫に正直に「行かせて欲しい」と行動をしていたのです。


ちなみに。
我が家の夫は、
私が応援している人が誰かも知ってますし、
結婚後もコンサート等に行くことを認めてくれています。

それでも、夜出るのは許してくれるかな、
どうかな…って思ってたんですが。
答えはあっさり。

「いいよ、行ってきなよ」

夫からOKの返事
、でした。


拍子抜けをするぐらいに、あっさりとOK。
こんなことなら悩まずに行動を起こせばよかった…
なんて思ってしまうほどにあっさり。

そして、その時のコンサート、存分に楽しんだのでした♪

自分の想いに蓋をしているのは自分自身です

妊娠・出産してから、
このコンサートのことだけではなく、
私が我慢すればいい。

そう思って、私は、私自身の想いに、
蓋をしていること、たくさんありました。

いや、きっと、今もあるんです。


蓋をすると、余計に気になって、
「私だけが」ってイライラしたり、
「皆は行けてるのに」ってモヤモヤしたり。

人のせいにして、余計に、むーっとなるい。


でもね。
蓋をしているのは、誰でもない私自身。

私自身が蓋をあけて、
自分の一番の想いをとらえて、
それで行動しなかったら。

蓋の中のことってかなうことはない…。

さぁ、蓋をあけてみよう!自分の望みを気づくことから。

「夜に家をあけたら何か言われる」は私の思い込み!
夫の返事で気づけた私。

もし、あなたにも、
「〇〇なんてできない」
「●●なんて無理」
と思っていることがあるなら、
それは私のように思い込みの可能性が高いかも!?


まずは、ザワザワ、モヤモヤ、イライラ、
そんな感情で抑え込んでいる蓋を、
そっと外してみてみませんか?

自分が本当に望んでいること。
まずはそこに気づくことから、一歩を♪

アウェイクニング®コンダクター
原山ともか

\ SNSでシェアしよう! /

自己認識学 アウェイクニング®︎アカデミーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

自己認識学 アウェイクニング®︎アカデミーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

tomoka

tomoka

ママが、ありの「ママ」に笑顔で過ごす♪を実践中!「自己認識学アウェイクニング®︎」のコンダクター。3歳双子女子のワーママ。

この人が書いた記事  記事一覧

  • やりたいことに蓋をしていませんか?

関連記事

  • 幸せなわたしへの道

  • ベランダの柵

  • 人は何に引き寄せられるのか 帝王の魅力と力とは

  • 願いが叶う1番大切な方法

  • 充実した日々の極意

  • 何を問題だと思っているのか。それが問題!